コピーライティングという言葉を聞いて、あなたはどのようなイメージをしますか。


もしかしたら糸井重里さんのようなキャッチコピーを書くことを想像するかもしれませんし、とにかく長い文章で商品の説明することをイメージするかもしれません。

視点を変えて説明すると「コピーライター」という職業であれば、「何か文章を書くことを生業としている人」だというように想像できると思います。

私たちは小・中・高の国語の時間で文章の書き方を学び、学校教育を受けたほとんどの人は文章を書くことが出来ます。しかし、ただ学校で学んだだけの文章とコピーライティングは全く違います。

そして多くの起業家や中小企業の経営者はコピーライティングではなく、国語の時間で習った文章で商品・サービスについて説明しています。一般の国語教育で学んだ文章だけでは「人に行動させる」事は出来ません。人に行動をさせるための文章には書き方があるのです。


「価値を正しく伝え、人に行動させるための文章」それがコピーライティングです
※何でも売れるという意味ではありません。



ビジネスにおいてコピーライティングは必須

戦後の日本のように物が市場にない状態では、その商品しかないので人は行動をします。

またアップル社の製品のようにブランド・商品に非常に知名度があり、多くの人たちが所有し、新作を待ち望んでいるような状態であれば、告知をするだけで人は行動をします。

これらの状態では人は商品の価値を十分に理解しているので、自発的に商品を購入します。


しかし、物が溢れている現代社会において人が物を購入する(行動する)前に、「選択」をするようになりました。

その商品・サービスがお客自身にとって、いかに必要なものか、いかに魅力的なものか、他と比べてメリットがあるかなど、「お客にとって重要な価値」を明確に伝えることが出来ない商品・サービスは選ばれなくなっています



あなたは正しい価値の伝え方を知っているか?

あなたが、お客に商品の価値を正しく伝えるために、今すぐに習得しなければいけないのはコピーライティングです。

一般の学校の国語教育では、このような価値の伝え方を勉強する機会はありません。だからあなたがコピーライティングを習得すれば、一般的な国語力だけで商品説明をしようとしている多くのライバル達よりずっと有利な状態でビジネスを運営する事が出来るのです




更に良いのはこの価値を正しく伝えるコピーライティングのスキルは一生使えます。

Youtubeを使った稼ぎ方やアメブロの集客方法、稼げるツイッターノウハウなど、これらの「稼ぎ方のノウハウ」は次から次に新しいものが登場し、寿命が短いものがほとんどです。せっかく努力をして身につけたとしてもすぐに使えなくなります。




しかし、コピーライティングというスキルはネット広告、動画、メルマガ、DM、ニュースレター、雑誌広告など、様々な媒体を介しても使えるものです。

人間の行動心理をベースに体系付けられた価値を伝える文章術は現代の競争社会においてはその必要性がなくなることがありません


このサイトではコピーライティングを習得し、活用する為の様々な情報を掲載しております。
またこちらから10日間でコピーライティングの基礎を無料で学ぶことも出来ます

是非、あなたのビジネスの成長にお役立て下さい。


ハイ・コンセプトライティング 運営スタッフ一同