ランディングページの需要が、この1年で3倍に跳ね上がりました。

「ランディングページ」というキーワードで検索される検索ボリュームは2013年では5,000件/月でしたが、2014年になると14,800件/月となり、日々 ランディングページ(以下、LPと記載)に関する興味・関心・需要は増え続けていることが分かります

LPとは見込み客が広告などをクリックして最初に到着する(ランディングする)ページの事を言い、見込み客の検索した商品・サービスについて1枚の長いページで成約させるというものです。

 

1枚のページで他のページへのリンクがないわけですから、見込み客はその「ページを去る」かその「ページを読む」かという選択肢を持ち、何かの関心を掴まれ「読む」を選択した見込み客はページで迷うことなく最後までそのページを読んでいく構成になっているため、「一般的な商品を説明しているだけ」、「会社案内をしているだけ」のHPに比べると、成約率は高くなります

現在ではHPを持っていることが当たり前となっていますが、これからはLPを持っていることが常識になってくることは容易に想像されます。

 

「ランディングページ 作成」などで検索すると、数多くのLP作成業者が表示されます。LPの作成はライティングとデザインがあれば出来るので、需要が多くなった今となっては、多くの業者が参入している状態です。作るだけならば簡単なのです。

数えましたところ約40社がLP作成のサービスを提供していました。ここまで業者がいれば、その腕はピンきりです。結果が出るところもあれば、出ないところもあるでしょう。

 

中には5日で納品するというところもあり、5日ではリサーチをしている時間はほとんどなく、内容のないLPである可能性が高いです。また派手で大きな文字・写真などを多用し、インパクトのあるLPを作る業者もいます。よく内容を見てみると訴求ポイントが明らかに間違っており、「中身のない」インパクトだけが強いランディングページは多くあります

 

私たちは企画力の高いハイ・コンセプトのランディングページをご提供しています。企画力が高く、コピーライティング能力によるコンテンツの質が高いという事は、ライバルとの違いを明らかにし、見込み客に「伝わり・行動させるメッセージ」がしっかりと出来ているということです

失敗しないランディングページの作り方

 

あなたがLPの作成が必要になった時、この数ある業者の中でどの業者を選べばいいのか、また自社で作成する場合、何をポイントにおいて作成をしたらよいのか。私たちが実際に使用しているLP作成方法をシェアしながらお伝えしていきたいと思います。


無料 Ebookをプレゼント

 

失敗しないランディングページの作り方

ポイント1.重要なマインドセット

ポイント2.徹底的なリサーチ方法
a. 顧客のリサーチ
b. 商品のリサーチ
c. マーケットのリサーチ

ポイント3.記憶に残るアイディア「企画力」
a. 核をとなるメッセージをシンプルに伝える
b. 意外性を出す
c. 具体的である

ポイント4. キャッチコピーに最大限の力を注ぐ
a. 売れるキャッチコピーのテンプレート20選

ポイント5.強いオファーを提供する

ポイント6. 信頼性
a. お客様の声を入れる
b. 権威者の声を入れる

ポイント7.限定性を入れる
ポイント8.  保証を付ける
ポイント9.データーを掲載する
ポイント10.デザインを自分でしてはいけない
ポイント11.デザイナーに正しい指示を伝える方法

まとめ

現在、コピーライティング無料メール講座にご登録いただき、レビューを書いていただいた方限定で無料Ebookをプレゼントしています。売れるランディングページにはコピーライティング能力は必須になり、コピーライティングを合わせて、このランディングページの作り方も学ぶ事で更に高い成約率を出すことが出来ます。