コンテンツマーケティングなんて難しいと思っていませんか?

今話題のコンテンツマーケティングを実施するに当たり、1つの記事をどれだけ早く書くことが出来るかが重要になってます。1つの質の高いコンテンツを書くのは時間がかかり、なかなか継続して書き続けることが出来ないと悩んでいしまうことはありませんか?

本日は良質な記事を短時間で量産する為の早く書く方法について紹介したいと思います。

この方法を習得すれば記事作成の時間が短縮できるだけでなく、セールスレターの作成も早くなるため、見込み客に対して沢山のプロモーションを行う事が出来ます。そうすることで成功するプロモーションの確率が高くなりビジネス拡大につながることでしょう。


コンテンツ作成を書く9つのテクニック

1. リサーチとライティングを分ける
2. ライティングと編集を分ける
3. スワイプファイル、テンプレートを使う
4.コンディションを整える
5. 話すように書く
6. 書きやすいところから書く
7. 33分33秒に時間設定をして書く
8. 期限を決める
9.普段から書くということに慣れておく



1. リサーチとライティングを分ける

多くの人がやってしまいがちなのはリサーチとライティングを一緒にしてしまうことです。そもそもリサーチをしていない人も非常に多いのですが。事前に書く内容が明確でなくその材料がなければ、実際に書くときに時間がかかってしまうのも当然の事。

またライティングには非常に集中力が必要になりますので、集中して書いているときに、分からないことをいちいち調べてしまうとそのたびに集中力は途切れ、時間をかけて書いたにもかかわらずイマイチなコンテンツが出来上がる可能性が高くなります。

リサーチの具体的な方法はこちらの情報収集ツールボックスをご覧ください。しっかりとリサーチをして何を書くかを整理してから書くことで、あなたのライティングのスピードが格段に上がります。




2. ライティングと編集を分ける

これも先ほどのリサーチとライティングを分けると同様に、ライティングと編集も分けなければいけません。集中して書いているときはとにかく書き続けることが重要なのです。文章の構成を整えたり、フォントのサイズを変えたり、行間を調整したり、文字に色をつけたりするのは文章を書き終わってから。またタイプミスや文法の間違いなども書いているときは気にする必要はありません。

極端に言えば、ライティング中はバックスペースキーを使用しないという意識で書き続けることが重要になります。書き終わってからいくらでも編集することが出来ますので、書くときは書く、編集するときは編集するとしっかり分けて考えましょう。




3.スワイプファイル、テンプレートを使う

プロのコピーライターはセールスレターを書くときにスワイプファイルを使います。スワイプファイルとは過去にうまくいったライティングの事例や実績のあるセールスレターの例(テンプレート)の事です。このスワイプファイルを使う事で書く時間を短縮することが出来ます。

a. ストーリーボードのテンプレート

ストーリーボードとはセールレター全体の流れのテンプレートになります。キャッチコピー、オープニング、ストーリー、ブレッド、保証、結論など、売れているセールスレターには共通の型があります。文章を書くときに悩んでしまうの事の一つが構成です。何をどの順番で書けばよいのか、文章構成のテンプレートがあると書くときに迷いがなくなり、スラスラと書くことが出来ます。

ストーリーボードのテンプレートをまだ使ったことがないという場合は、このこちらにストーリーボードのテンプレートを記載していますので、参考にしてください。ストーリーボードのテンプレートはこちら

b. キャッチコピーのテンプレート

キャッチコピーはセールスレター、コンテンツ記事の作成の中で最も重要なパートです。キャッチコピーで見込み客の関心を掴むことができなければ、せっかく苦労して書いたコンテンツが読まれないという悲しい結果になります。そのキャッチコピーを一から作り出すのではなく、テンプレートを使うことでより早く成果の高いキャッチコピーを作ることができます。

キャッチコピーのテンプレートはこちら
今すぐ使える!効果実証済みウェブ集客用キャッチコピーの例 20選



4.コンディションを整える

とにかく集中

コンテンツ記事のライティングは非常に集中力を使います。体のコンディションがよくない状態で書き続けることは難しいですし、またコンディションが悪い時に書いた文章は内容にも影響します。悪いコンディションで書いた内容は、良い時に比べて劣っていることがほとんどですので、書く前に体調を整えることが必須です。

a. 朝に書く

また書く時間ですが、私は朝に書くことをお勧めしています。早朝は一日のうちで一番エネルギーが充電されている時間です。これが時間がたつにつれ仕事をしたり、運動をしたり、人に気を使ったりして、だんだんと蓄積されているエネルギーが消耗されていきます。夜になると疲れ切ってしまい、高い集中力をもって記事を書くことは困難です。

※夜のほうが集中できるという人もいますので、朝がどうしても弱いという人は夜でも構いません。



b. 十分な睡眠をとる

睡眠不足はあなたの脳の働きを悪くします。前述したとおり、コンテンツ ライティングには高い集中力が必要とされます。寝不足で頭がぼーっとした状態で質の高い記事を書くことは出来ませんので、十分な睡眠をとったうえで書きましょう。



c. 準備運動をする

いきなり集中力をトップに高めてコンテンツ記事を書くのは大変です。何か運動を始める時に体を慣らすための準備運動をするように、記事を書くときも準備運動をする必要があります。ブログを少し書いてみるとか、前日に書いた内容を少し編集するとか。書き始める前に脳と指を動かすために、準備運動をしましょう。



d. 環境を整える

高い集中力を維持するには誰にも邪魔されない環境が必要です。あなたが集中して文章を書いているときに「ちょっとすみません」と部下や同僚に声をかけられたり、携帯電話がなって対応してしまうと、高まった集中力が一気に落ちてしまいます。こうなると記事を早く書くことはできません。環境を整えるために必要なことは

・携帯はサイレントにして目の届かないところに置く

・邪魔が入らない場所で書く

・ブラウザを閉じる

・メールを閉じる

一度書き始めたら止まらないということを常に意識してください。誰にも何にも邪魔されない環境で高い集中力をもって書くということが早く書くポイントとなります。




5. 話すように書く

会話をしているとき、一度口に出してしまった言葉を消し去ることはできないですよね。スムーズにスラスラとコンテンツを書くためには話すように書くということがポイントです。リサーチで準備した見込み客(ペルソナ)に話しかけるように書きましょう。

またその時に言い回し、表現、文法などを気にする必要はありません。話し言葉でも文法は間違っていたりするものです。細かい言い回しなども編集の時に思いつけば、編集時に訂正すればよいので、止まらずに書いてみましょう。




6. 書きやすいところから書く

コンテンツ記事やセールスレターを書くときに最初から順番通りに書く必要はありません。私はキャッチコピーやオープニング(書き出し)は他のパートを書き終えてから書くようにしています。キャッチコピーやオープニングは他の箇所より重要で、じっくりと考えて書きたいので後回しにしています。

ブレッドから書いてもいいですし、ストーリーから書いてもいいのです。重要なポイントは書き弾みをつけること。書いているうちにだんだんとノってきますので、そうなるためには、じっくりと考えずに自分の書きやすいところから書くことがコツです。




7. 33分33秒に時間設定をして書く

アメリカのトップ コピーライターが実践しているテクニックですが、書いているときに時間を33分33秒に設定してその時間はとにかく集中する事です。なにがあってもこの時間は一心不乱に書き続ける。1時間も2時間も高い集中力を維持することは困難です。これは時間を区切って休憩をしながら集中力を維持するためのテクニックになります。

休憩時間はコーヒーを飲みに行ったり、少しストレッチをしたり、5分ほどの休憩をはさみながら書きましょう。この33分33秒ですが、スマホやキッチンタイマーを使いましょう。他にもデスクトップタイマーというものもありますので、使いやすいものを使ってください。




8. 期限を決める

期限を決める!

何事も終わりが決まっていないと尻に火がつかないものです。自社の商品やサービスのコンテンツやセールスレターを書くときには、納期が決まっていないことが多く、完成したらリリースというときもありますよね。しかし、提出期限があると不思議と集中できるものです。やらなければヤバいという危機感に襲われ、普段より集中力が高まり、重い腰もあがります。

「いつまでに書き上げる。まずクオリティーは問わない!」と期限とルールを決めてしまえば、早く書き上げることが出来ます。




9.普段から書くということに慣れておく

文章を書くということに慣れていないと苦痛を感じる人も多いです。普段から文章を書いていればコンテンツ記事を書くときも何の抵抗も感じずスラスラと書くことが出来ます。今ではブログやメルマガなどネットのインフラは整っています。

ブログなどは気軽に始めることもできますので、もし普段から文章を書きなれていないのであれば、まず500文字、1000文字、3000文字と徐々に文字数を増やしてトレーニングすることをお勧めします。




まとめ

早く書くことが出来れば、それだけ早くビジネスをスタート出来るということです。ビジネスに失敗はつきもの。最初から完璧なコンテンツ記事を書くことが出来る人はいません。とにかく早くリリースし、トライアンドエラーを早く繰り返して、成約率の高いセールスレターやコンテンを作る事が大切です。