blog WP

ブログで集客する場合、現在主流のメディア媒体はワードプレスです。ワードプレスを使うことで、SEOに効果があったり、また他社の無料ブログとは違い突然アカウントが削除されることはありません。自社のメディアとして構築することが出来るワードプレスですが、その運用方法にはちょっとしたコツがあります。

このコツを知らないとアクセスがなかなか集まらず、ブログの記事を更新するモチベーションも低くなり結局辞めてしまうという結果になります。特に初心者にとっては見逃しがちなポイントですので、間違ったやり方でなかなか結果が出ないということを避けるために、以下のポイントを必ず押さえてください。

【目次】

1. ブログのテーマを決める

2. キーワードを選出する

3. キーワード設計をする

4. ワードプレスにキーワード設計を適応する

5. リスト獲得ページを作る

6. 記事を更新を継続する

7. まとめ


1. ブログのテーマを決める

マーケティング

ブログ集客で成功する為に必須のことですが、それは読者が読みたい事を書くということです。あなたが書きたいことをつらつらと書いてしまえば、そのブログは誰からも読まれません。

ビジネスでワードプレスを使いたいのであれば、まず最初に読者が読みたいことを調べてテーマを決めましょう。


読者が読みたいコンテンツの調べ方

ジャンルを決める

もしまだビジネスを始めていないのであれば、以下のジャンルから選んで書いてみてください。ジャンルについて最初から詳しくなくても大丈夫です。

・投資(不動産、FXなど)

・ビジネス(マーケティング、速読法など)

・コミュニケーション(人間心理、会話術など)

・自己啓発(コーチング、モチベーションアップなど)

・趣味(サッカー、ゴルフ、野球)

・恋愛(モテる方法、パートナーとの関係構築など)



一流ライターは一流のリサーチャーでもあります。少しずつ知識をつけていきながら書いていけば、コンテンツが貯まってきたときには、あなたもある程度の専門家になっています。


お客に聞く

あなたが既にビジネスを始めていて、お客さんがいるのであればお客さんに聞いてみましょう。あなたのビジネスジャンルのどんなことに興味があるか、またどんな悩みを具体的に抱えているかを知ることで、求められているテーマを知ることができます。

他にも、あなたが通販をしているのであれば、レビューを読むというのも有効です。まだ十分なレビューがなくても競合商品のレビューでも参考になります。


Yahoo知恵袋、教えてGooを使う

ある程度ジャンルを絞ることが出来たらYahoo知恵袋や教えてGooで、キーワード検索してみましょう。これらは匿名の投稿サイトでお客の悩みが書かれています。お客の悩みとは、お客が知りたいという情報のことです。お客が知りたい情報をブログで発信し続けると読まれるブログになっていきます。



本屋で調べる

本屋に行くと様々なカテゴリーで沢山の本が出版されています。ここでのコツはメジャーな本のテーマを選ぶのではなく、ニッチな本のテーマを参考にするということ。

ダイエットであっても様々なダイエット本がありますよね。またスポーツであれば、サッカーや野球とかではなく、アイスホッケーに関連した本もありますし、その本は出版され続けているということを覚えておきましょう。出版され続けているというのは読者がいるということです。しかも本を出版するレベルですから、十分な読者層がいると考えられますので、ここを狙ってみるのもお勧めです。


2. キーワードを選出する

キーワード

これから更新し続けるブログですが、テーマに沿って自分が書きたいことを書くのではなく、読者が読みたいことを書きます。その読者が読みたい事を知る手段は、読者が入力してくるキーワードを知ることです。

キーワードの探し方は、Google キーワードプランナーを使います。キーワードが持つ意味とキーワードプランナーの具体的な使い方、またキーワードの分類方法はこちらに書いています。

今すぐ集客したい!初心者でも出来るブログ集客 必須キーワードの選び方



3. キーワード設計をする

ワードプレスを実際に構築していく前に、全体のキーワード設計法についてまず理解しなければいけません。このキーワードの設計を最初にしないと、SEO効果を狙っているつもりだけれども、なかなか結果が出ないということになります。

まず検索キーワードの種類を以下の3つに分けます。

・ビッグワード

・ミドルワード

・スモールワード



ビッグワード

「英会話」

「マンション」

「ホームページ作成」

「中古車」

これらのように検索ボリュームも多く、また単体のキーワードです。これらのキーワードで検索の上位をとることができれば大量のアクセスが見込めるのですが、ライバル達もこれらのキーワードを意識しているので簡単には上位表示されません。

このビッグワードだけ狙って記事更新をしてもなかなか効果が出ないので注意をしましょう。



ミドルワード

「英会話 ビジネス」

「マンション 中古」

「ホームページ作成 ワードプレス」

「外車 中古車」

ミドルワードはこれらのようにキーワードを複合したものです。ビッグキーワードに比べれば検索ボリュームは少なくなりますが、検索する内容がより具体的になったのでこれらのキーワードで検索上位をとることができれば、成約率が高く、検索数も多いサイトを構築することが出来ます。



スモールワード

「英会話 ビジネス 新宿」

「マンション 中古 2,000万円以下」

「ホームページ作成 ワードプレス 業者」

「外車 中古車 ランキング」

ミドルワードに更にキーワードを追加し、更に具体的な検索ワードのことを言います。参考数値ですが検索数が300件ー500件/月以下のキーワードをスモールワードといいます。



キーワード設計を理解する

keyword

上記の図を見るとわかると思うのですが、ビッグワードをミドルワードが支え、スモールワードがミドルワードを支えるという形です。

これらのキーワードはすべて関連しており、スモールワードを使った記事を増やしていくことで、ミドルワードやビッグワードに影響を与えることになります。



4. ワードプレスにキーワード設計を適応する

ビッグワード:サイトのタイトル、ディスクリプションにビッグワードを設置

ミドルワード:カテゴリーにミドルワードを設置

スモールワード:更新していく記事にスモールワードを使います

a. 記事 タイトル
b. ディスクリプション
c. H2(*毎回キーワードを入れてはダメ。自然な程度に)
d. タグ

上記の4箇所に不自然にならない程度にキーワードを意識して設置します。※最低限のSEOライティングポイントになります。

このようにサイトを作るときにキーワードの関連性を意識してブログ設計を行い、そのうえで記事を更新していきます。



5. リスト獲得ページを作成する

記事を更新して、記事数を増やし、SEO効果を狙ってワードプレスブログを育てて行くことも重要なのですが、それはあくまでも受け身の状態。ユーザーが見たいときにしかこちらのサイトを訪問してくれません。

ビジネスとしてワードプレスを使用するのであれば、こちらからお客にコンタクトを取ることが出来る顧客リストを獲得する必要があります。

顧客リスト

・メルマガ登録 : お客のメールアドレスを入手

・資料請求 : お客の氏名、住所、メールアドレスを入手



顧客情報は多ければ多いほうがいいです。もしお客の住所も入手する事が出来ればメールだけでなくDMも送る事ができるのでより有効なリストになります。

ワードプレスでは一般的な記事更新ページとは別に個別ページというものがあります。この個別ページにリスト獲得のためのセールスレターを書いて、サイトのどこからでも誘導できるようにトップメニューやサイドメニュー、各記事の下に設置しましょう。



6. 記事更新を継続する

キャッチコピーの違い

ワードプレスを使ったブログ集客では、記事を1つ、2つ書けば終わりというものではありません。コツコツと地道に更新をしなければ、SEO効果も表れませんし、また読者が読みたい情報を沢山用意しておくと、読者にとっては非常に有益なサイトになります。

また読者は更新がストップしたサイトより、頻繁に更新しているサイトを好みます。ですので、あなたのブログのファンが出来るまで、またファンが出来た後もコツコツと更新を続けなければいけません。



まとめ

ワードプレスを使ったブログ集客法では「テーマ」と「キーワード設計」がとても重要になります。読者が読みたいことを意識して書き続け、そしてその記事更新の積み重ねがSEO効果を最大限に生むようにキーワードの意味とその設計法を意識してサイトを構築しなければいけません。

ワードプレスのSEOには時間がかかります。正しいやり方でサイト設計を最初に出来るかが早くアクセスを集めるためのポイントになります。