コピーライター テンプレート

実はプロのコピーライターがカンニングしまくっている!」と知ったとしても、あなたは自分自身の力でアイディアを絞り出してコピーを書くでしょうか?

ここだけの話ですが、プロのコピーライターであったとしても、セールスレターを書くときに他の人が書いた「売れているアイディア・テンプレート」を見ながら書いています。

なぜならば、コピーライティングは想像力を働かせるクリエイティブではなく、リサーチした事実を、売れた実績のあるテンプレートを使いながら文章にしていくコネクティブな作業だからです。


今回は、この事実を踏まえて あなたがセールスレターを書くときに、テンプレートを使わなければいけない理由について説明したいと思います。

テンプレートとは?

まずコピーライターが使うテンプレートとは何でしょうか。

一般的なテンプレートの例を上げますと、あなたが見積もりとか契約書とかを作成しなければいけないとき、恐らく1からは作らないと思います。マイクロソフトのワードとか、エクセルとかにある、ひな形を利用して、一部を変更するという形をとると思います。



コピーライティングも同様です。プロのコピーライターは結果を必ず出さなければいけません。また納期も決まっており早く書かないといけないので、自分の想像力を働かせて1から文章を作るようなことをしません。

1本のセールスレターを書くときに沢山リサーチして、それを文章に落とし込むときにテンプレートを利用します。そしてそのテンプレートというのは、過去に売れた実績のあるものを使います。

パートごとにテンプレートを使い分ける

セールスレターには、それぞれのパートに役割があります。例えば、キャッチコピーは見込み客の関心を掴むのが目的です。

キャッチコピーで有名な例が

「私がピアノの前に座るとみんなが笑った、でも弾き始めると・・・」



これはアメリカのトップコピーライター、ジョン・ケープルズが書いたキャッチコピーで、もしかしたら あなたも聞いたことがあるかもしれません。

このキャッチコピーは当時アメリカで非常に大きな成果を出した実績があるので、沢山の人がこのキャッチコピーを、パクって(マネして)それぞれのビジネスに利用しています。




キャッチコピー以外にも、オープニング(文書の書き出し)や、オファー、クロージング、追伸など、それぞれのパートで売れた実績のある文章、文言があります

セールスレターを書くときにやってはいけないこと

セールスレターを書くときに絶対にやってはいけないのは、自らの想像力を働かせて、全部オリジナルで書いてしまうことです。これは失敗する可能性が高いです。

あなたのビジネスの目的は売上・利益を上げることですから、他に売れた実績のある物を積極的にマネをしたほうが成功率が高くなります



本屋さんで、本のタイトルとかも、最近 似たものが多いですよね。

「○○力」、「○○してはいけない」等。

これらは売れた実績のあるタイトルをマネしてるからです。

売り上げだけでなく、書くスピードもあがる

テンプレートを使う目的は他にもあります。テンプレートを使うことで、売上が上がるだけでなく、書くスピードも上がります。

そもそも書き方が分からない人は、1本のセールスレターを書くのに1か月以上かかったりしまが、テンプレートを使いこなすコピーライターは数時間で1本のセールスレターを書きあげます




上述したように、セールスレターはご説明したようにそれぞれパートに分かれています。それぞれのパートにテンプレートがありますから、ストーリーボードという下書きを作成する段階で、何をどのように書くかを決めておくことが出来ます。

だから実際に書くときも迷わずにスラスラと書けるのです。

テンプレートの入手方法

では、そのテンプレートはどこでどのように入手したらいいのか?

間違ったテンプレートの入手方法

テンプレートの入手について、たまに間違ったことを言っている人がいます。それは、テレビ・雑誌・ネットなどで、自分が印象に残ったもの、いいなぁと思ったものを書き留めてファイルにするということ。

これは間違いです。あなたが自分がいいなぁと思った感覚を信じてはいけません。それが売れるテンプレートであるのであれば、自分が創造したものも売れてしまうということになります。

正しいテンプレートの入手方法

テンプレートは「売れた実績があるという事実」を重要視してください。

こういうテンプレートは販売されています。アメリカでダイレクト・レスポンスマーケティングが始まり、様々な文章・文言が実績を上げています。それをテンプレート・スワイプファイルとして日本でも販売されていますので、そこには投資をする価値があると思います。



私たちも「セールスコピーライティング 厳選テンプレート集」として取り扱っています。

セールスコピーライティング 厳選テンプレート・キャッチコピー
・オープニング
・接続フレーズ
・オファー
・クロージング
・追伸

それぞれのパートで売れた実績のあるテンプレートを厳選し、例文も用いながら解説しています。

厳選テンプレートは5月14日、21日に開催される勉強会の参加者 限定でプレゼントしています。

まとめ

このようにテンプレートを使うことで、売上も上がり書く時間も短縮できるので、売れるセールスレターを量産する事だって出来ますよね。もしあなたがセールスレターを書くときは、必ずテンプレートを使用しましょう。