knack_615

あなたはセールスコピーライティングを上達するために、多くの書籍を読んだり、セミナーに足を運んだりしているかもしれません。しかし、コピーライティングの上達には、これ以上の書籍、セミナーは必要ありません。たった3つのコツを意識するだけでいいのです。

今回はコピーライティングを上達するために必要な、たった3つのコツをご紹介します。

    【目次】

  1. もうこれ以上知識は必要ない
  2. コツ①他人の目を活用する
  3. コツ②時間短縮ツールを活用する
  4. コツ③繰り返して慣れる
  5. まとめ

1. もうこれ以上知識は必要ない

勉強家のあなたは、ついつい気になる書籍やセミナーで最新知識を入れようとするかもしれません。しかし最新知識をどれだけ仕入れても、目に見えて上達することはありません。なぜなら、セールスコピーライティングに必要な知識はもうすでに手に入れているからです。

セールスコピーライティングの本質は、限りなく不変の人間心理・行動心理にもとづいています。複雑なものではなく、とてもオーソドックスです。

最新知識で補う必要があるような可変的なものはセールスコピーライティングではありません。「最新知識が必要」なのであれば、あなたは今しか通用しない流行りの何かを学ぼうとしてしまっているのかもしれません。

2. コツ①他人の目を活用する

セールスコピーライティングにおける上達とは、成果を出せるようになる、ということです。しかし自分で書いたものを自分で客観視するのはとても難しいことです。

毎回高いクオリティを保つためには、第3者の意見は欠かせません。つまり、いかに他人の目を活用できるかが、上達のコツなのです。

おすすめ:あなた以外のセールスコピーライターに見てもらう
 ◎指摘が的確で効率的

最終手段:実際にお客に見てもらう
 △ある程度の反応を集める必要があり非効率

※身近にプロのセールスコピーライターがいない場合は下記を参考にしてください。
今あるツールを見てもらいたい→集客ツール赤ペン診断
セールスコピーを見てもらいながら学びたい→セールスコピーライター養成講座

3. コツ②時間短縮ツールを活用する

一般的にセールスコピーライティングは、時間がかかる作業です。毎回1から、ノウハウを見直したり思い出したりしながら書いていると、時間がかかるうえに抜けやミスの原因となります。

毎回高いクオリティを保ちながらできるだけ短時間で書くためには、汎用性の高いフォーマットやテンプレートは欠かせません。つまり、いかに時間短縮ツールを活用できるかが、上達のコツなのです。

おすすめ:他人のつくった有益なツールを入手する
 ◎成果が実証済みで効率的

最終手段:自分でつくる
 △本業でないツールづくりに時間をかけるのは非効率

※どんなツールを入手すればいいかわからない場合は下記を参考にしてください。
セールスコピーライターは必ず持っている『アイデアファイル』→厳選テンプレート集
セールスコピーの精度はリサーチの精度→『リサーチ簡単』23の魔法の質問集

4. コツ③繰り返して慣れる

『習うより慣れよ』
という言葉があるように、行動を伴うことで要領を得ていきます。行動する前に覚えられることよりも、行動して初めてわかることの方がはるかに多くあります。成功からも、失敗からも、得るものはあります。

5. まとめ

セールスコピーライティングを上達するために必要な、たった3つのこととは

①他人の目を活用する
 自分以外のプロに見てもらおう!

②時間短縮ツールを活用する
 有益なツールを入手しよう!

③繰り返して慣れる
 とにかくやろう!

です。

一度基礎さえ学んでしまえば、あなたは特に難しい勉強をする必要はないのです。本業に専念するために、専門家やツールを活用するクセをつけるようにしましょう。